脳の病気であるアルツハイマーの治療|食事の改善から始めよう

ファミリー

血液を意識すると有効です

中年の夫婦

脳梗塞の一番有効な予防方法として魚を積極的に摂ることです。特に青魚で生のものは有効成分を効率よく摂取できます。きずしが一番有効と言えます。また、脳梗塞は血液の状態によって大きく影響する病気となっているため、その意識も予防に必要になります。

詳しくはこちら

楽しく予防する

お年寄り

物忘れは防止する際は手を動かす作業をするようにしましょう。手を動かす事によって脳に刺激を与える事ができるので、物忘れをしなくなります。ゲームで手を動かす事もできますし、その他物書きをしてみると良いかもしれません。

詳しくはこちら

発症リスクを食から下げる

家族

研究で解明される栄養素

若年性アルツハイマーの治療法は未だ解明されていないものの、症状を緩和させたり、進行を遅くさせる薬や生活習慣の改善などによって、日常生活を過ごしやすくできる魅力が挙げられています。現在、病気の研究も進められており、ドクター監修のもと、アルツハイマー病とサプリメントの働きに関する研究により、進行や緩和など、症状を早期に発見することによって、普段と変わらない生活を長く維持させることが期待されています。現在、治療に有効性をもつのが薬物療法ですが、音楽や園芸療法などの非薬物療法も近年では研究が進められており、健康補助食品や栄養素の豊富な食べ物など、食からのアプローチも提案されています。特にビタミンEには、老化を防ぎ、血行を良くして生活習慣病を遠ざけることや、アルツハイマーに良い働きがあるとする研究報告が多数あり、若年性にも応用できる考えが進められています。

若い世代に人気の食

若年性アルツハイマー病は、生活を改善する意識1つで発症を予防できる内容の研究報告がされています。生活習慣病の乱れによって、アルツハイマーを引き起こす要因となっていることから、予防が必然的に予防に繋がるため、運動や睡眠、さらに食から予防することができる手軽さが支持されています。特に、積極的に摂取したい栄養素よりも、摂り過ぎることに注意したい食べ物に関する情報は注目されています。例えば、肉や乳製品などのコレステロールの多い食べ物をはじめ、味付けには塩分や糖など、濃い味付けを避けることに注意した食生活が重要となります。逆にこれらの内容に注意することによって、様々な栄養素をバランス良く摂取でき、ストレスなく食事を楽しむことができる点で評価されている情報です。特に、刺激の強いスパイスも避けるべき食材ですが、ターメリックに含まれるクルクミンには脳を活性化させる効果があるため、ターメリックを加えて作るカレー食品は若い世代から人気を集めています。

自律神経の不調を治すには

薬膳

ストレスに弱い人は自律神経失調症になりやすく、体質的な問題を抱えています。漢方薬による治療では体質改善が行え、生薬の力で優しい作用です。個々の状態に合わせて処方されますので、自分に合った治療が行えます。

詳しくはこちら